しばらくの間やすみます。
研修旅行のため。それでは、また。

(04.Nov)

『恋の門』サントラ
10月9日から公開の映画『恋の門』(監督:松尾スズキ、出演:松田龍平、酒井若菜ほか)にて、nutronのナンバー"Aquam"が劇中流れます。オリジナル・サウンドトラックCDは、主題歌を歌うサンボマスターをはじめ全12組みのアーティストが参加、9月25日にソニーレコードから発売予定。

(04.Sep)

リンクページを開設します。
linkページをつくりました。アーティストやショップ、オーガナイザーなどのHPを紹介しています。
なお、 これまでscheduleページで関連アーティストのイベント情報を掲載していましたが、これからは時折このNEWS欄でピックアップしていきますので、全てのライブ日程についてはlinkされている各アーティストのHPをご覧ください。

(04.Sep カンマ三村)

『カンマナイトvol.4』2004/9/24(金)22:00〜

今回は初のYELLOW。久しぶりの夜更けのPARTYでモーターディスコ、ロック&ミラーボール、モダーン・パンクという原点を見直しつつ直球勝負でいきます。
よろしく

comma night
2004年9月24日(金)
開場 開演 22:00

---
LIVE :Soft _ Shimizu(G), Ukon(B), Pon2(Dr), Pretty(Per), Sab(Moog)
DJ : EYE (Boredoms), Juzu aka Moochy (NXS)
Lounge: CMT (Grassrootstribe), Universal Indian (NHC), Donuts (floweroflife), SHHHH (Grassrootstribe), Discharge (ABRAHAM CROSS)
Sound Engineer: M.M.You
Deco: フニャクラ
Flyer: ミムラ&一条(パ音社)
<会 場> Space Lab Yellow (港区西麻布1-10-11セソーラス西麻布B1&2 / 03-3749-0690)
<開演> 22:00
<入場料> 当日 ¥3,500
(1drink付き)/上記フライヤー持参の場合 ¥3,000(1drink付き)
-----
Moochy〜Soft〜EYEというラインナップは、1999年のリキッドルームでのカンマ祭『Mish-Mash』以来。この3者は、音楽から湧き上がってくるエネルギーの本質にせまる存在で、カンマレーベルを常に揺さぶり触発し続けた人達です。Softが約3年ぶりに新作を出す記念イベントでもあり、メインフロアにはもうこれしかないという組み合わせです。ラウンジには、東高円寺グラスルーツ火曜日レギュラーのいつも夜明けまで熱い『濡れ牧場』チームが、大阪のFOLやHCバンドABRAHAM CROSSからのメンバーを交えて臨みます。サウンドは毎回カンマナイトでガッツのある音を鳴らしてくれるMMYOU。デコレーションにはフニャクラが、異次元通路を準備してくれる予定。
-----
スケジュールはこの流れです。
<メインフロア>
22:00 〜 SOFT【live】〜 Juzu aka Moochy【DJ】〜 SOFT【live】〜 EYE【DJ】 〜 close
<ラウンジ>
22:00 〜 SHHHH【DJ】〜 Universal Indian【DJ】〜 Donuts【DJ】〜 Discharge【DJ】〜 CMT【DJ】〜 close

(04.Sep.)


牧場PARTY『Free for Free vol.3
<日時>
2004年 9月 19日(日)
開場 11:30 開演 12:00 終演 20:00

<会場>
岩瀬牧場フラワーガーデン野外特設ステージ
福島県岩瀬郡鏡石町225

<出演>
11:30-12:30 【DJ】OOP
12:30-13:15 【LIVE】ROULETTE-AYLER
13:15-15:15 【DJ】コンピューマ
15:15-16:00 【LIVE】坂本弘道
16:00-18:00 【DJ】EYE
18:00-19:00 【LIVE】レイハラカミ
19:00-20:00 【LIVE】OOIOO
※当日天候等の理由で変更の可能性あります。
-----
昨年に引き続き福島県の岩瀬牧場で開催される『Free for Free』。蓮の花が咲き乱れる池に囲まれた会場で、夏の終わりの日差しが移り行く、キラキラと幻想的な味わいのライブパーティーになるのではないでしょうか。

では、タイムテーブルの流れに沿って、当日の予想を交えて、少しだけ解説。音好きにはたまらない最高ラインナップで、非常にスリリングな展開が期待されます!
福島をベースにするDJ OOPからスタート。地元郡山のベテラン即興グループRoulette-AylerはEvan Parkerらとも共演歴のある実力派。真昼のフラワーガーデンにどんぐりまなこのDJ コンピューマ(スマーフ男組)のスクリュー(超遅回しDJ)プレイをぜひ聴いてみたいという人は少なくないはず。そして、渋さ知らず、UA等で活動する坂本弘道氏によるチェロの独奏が火花を散らす。コラージュからディスコと幅広いアプローチのDJ EYEは、この連想ゲームをさらに遠くへと繋げてくれるでしょう。そして終盤は、エレクトロニック・ミュージック・マスター レイハラカミに続いて、今もっともコンテンポラリーなバンド・サウンドを聴かせるOOIOO、キラメキに満ちたトーンが魅力の二組のライブが、黄昏から夕闇への空気にどんな風に響き合うのか非常に楽しみです。

なお、左にあるフライヤーのデザインは牧場の写真をコラージュしたもの。フラミンゴ広場や巨大サボテンの庭など、当日ここに響き渡るだろう音たちに負けず劣らず、この場所自体が強烈な個性を放っています。ステージの音を背景に、ゆっくり周りを歩いても楽しめますよ。
-----
<主催>
Free for Free 実行委員会
<後援>  岩瀬牧場・comma・福島民報・福島民友新聞社・福島テレビ・福島中央テレビ・福島放送・テレビユー福島・ラジオ福島・エフエムふくしま・こおりやま情報
<入場料>
前売/5,000円 当日/6,000円
<チケット取扱>
ローソンチケット Tel : 0570-063-002 *Lコード : 24416
<お問合せ> 
株式会社ライト・エージェンシー  024-952-8222
http://synesthesia.jp/fff/

(04.Sep.)

Softの新作『He looks daughter, I eat chicken!?』、9月10日発売決定。

前作『Otodama』から2年9ヵ月ぶりのアルバムリリース。今回は録音からミックスまでバンド自身でトータルにプロデュース。クリアなトーンで、シンプルに構成された楽曲群は、これまでになく身軽な印象を与えます。一聴するとイージーリスニングにシフトしたかのように聞こえますが、実はかえって間合いが研ぎ澄まされ、よりタフな仕上がりとなったことに気が付くでしょう。Softならではのトライバルビートの流線的展開から、時間を止めるようなスローナンバーまで、聴き応え十分。バラエティーに富んでいて楽しめるアルバムになっています。
メンバーは、シミズ(g)、右近(b)、PON2(Dr)に新加入のプリティー(Per)、ゲストプレイヤーにサブ(Moog)とナオキ(Blues Harp)、昨年ツインDrのポジションから抜けたシンキチはDJ Heartful名義でミックスに参加、またDJ Kazumaも1曲ミックスを手掛けています。
-----
アーティスト:Soft (ソフト)
タイトル:He looks daughter,I eat chicken
型番:commacd-16
フォーマット:CD / 定価:2600円(税抜)、2730円(税込み)
発売日:2004/9/10(金) / 流通:CISCO INTERNATIONAL

-----
アルバムリリースに際して、現在ツアー中。北海道から九州まで、全国でギグがありますので、ぜひ足をのばしてみてください。ツアーファイナルではカンマナイトに登場します。

Soft Summer tour 2004
日付 開催地『イベント名』@会場

7/24(土) 北海道Fusionix Open Air』@札幌国際スキー場
7/28(水) 北海道『Fusionix After』@Hallstairs Espresso Bar Gig
7/31(土) 仙台 @Shaft
8/7(土) 宮城『Origin -Yellow Crystal Person Art Festival』@えぼし蔵王スキー場
8/10(火) 富山 @Gallery Bau
8/16(月) 京都『Sputnik:Traveling with Moving "The Bus"』@京大西部講堂
8/20(金)〜8/22(日) 香川『空志度』@香川県さぬき市志度町・野外音楽広場テアトロン
8/25(水)島根『Tekk The Casbah』@ハイドロリアクション(0852ー25ー8590)
8/28(土)〜8/30(月) 広島『満月祭』@宮島入浜海岸(ONELOVE 082-246-3767)
8/30(月) 京都『Spiritual Drive Vol.5』@METRO
9/3(金)〜9/5(日) 東京『The Collective Art Conscious Festival』@新島・都立羽伏浦公演
9/10(金)〜12(日) 熊本『Volcano Aso 2004』@阿蘇町・町営坊中キャンプ場
9/14(火) 長崎『New Day』@Ayer's Rock(095-725-9619)
9/16(木) 長崎 @裸蛇(095-725-9619)
9/17(金) 福岡『Aural Rainbow』@Butterfly(TICRO MARKET 092-725-5424)
9/18(土)〜20(月) 山口『角島Jammin!』@つのしま・大浜キャンプ場野外ステージ
9/20(月) 福井『Evergreen』@福井県織田町悠久ロマンの里と織田町周辺施設
9/24(金) 東京『comma night vol.4』@SPACE LAB YELLOW
10/1(金) 京都『Soft release party in 風花』@カフェアンデパンダン(075-255-4312)
10/1(金) 京都『Soft release after party』@MARURU(075-771-1230)

(04.Aug.)

ニューリリース『, anthology』
カンマ初のコンピレーションCD、これまでの集大成アルバムをリリースします。各アルバムから1曲づつ、リリースの順番に2003年から1998年まで順に並べてみて世紀の変わり目の6年間を振り返ってみたものです。(なぜ世紀にこだわるか、というよりも、昭和の世が終わり、いつのまにか西暦の時間に入り込んでいたのであり、その途端にたまたま千年毎の節目だったというわけで、オイラも十字架を背負わなきゃいけねーのか?と、どうも腑に落ちないまま今なお、えげつない西暦の世界にどっぷり浸かって生活しております)。

既に発表された曲ばかりで、素っ気ない編集盤とお思いの方もあるでしょうが、あえて未発表曲などの特典は考慮せず、これは記憶のコンピレーションとして、時間による発酵を楽しみたいもんですな。この時期の一面を切り取った作品として、始めて接する人にとっても興味深いドキュメントではないかと思います。これまで聴いてくれていた人も、よかったらこの機にもう一遍聴いてみて下さい。たぶん全然違う印象も出てくると思います。
-----
アーティスト:va
タイトル:, anthology (カンマ アンソロジー)
型番:commacd-14/15
フォーマット:CD2枚組 / 定価:2600円(税抜)、2730円(税込み)
発売日:2004/6/18(金) / 流通:CISCO INTERNATIONAL

-----
店頭プッシュしてくれているお店の紹介は近日アップします。型番を注文すれば、全国のレコード店のたいていどこででも購入可!当HPで通販も受け付けてます。

2000部限定生産。ぜひ1枚!

ショップ紹介><レビュー>
(04.June)

通販始めます。
当サイトのSHOPをオープン致します。お気軽にオーダーのメールをお送り下さい。

また、これまで会場でのみ販売していたT−シャツのコーナーも設置しました。Tシャツは極々限定なので、お早めにどうぞ。
(04.Mar)

カンマナイトvol.3』2004/5/16(日)17:00〜23:00

今回のカンマナイトは、日曜の夕方からシャッフル度をさらに増し、リズミカルなショートセッションの連続よってパンチとトンチの熱き交流を図りたい。きっと刺激的なライブパーティーとなるはず。
---
LIVE :スマーフ男組、Goma da Didgeridoo、L?K?O、MC Squared、The Golden Omaha
DJ : Hikaru (BLASTHEAD), Guupei (LiveLoves/AOA)
SOUND ENGINEER: M.M.You
<会 場> CAY (港区南青山5-6-23 SPIRAL B1F / 03-3498-7840)
<開演/終演> 17:00 / 23:00
<入場料> 前売 ¥2,800 / 当日 ¥3,300
<チケット> CAY 、Cisco Techno Shop(渋谷)03-3496-7028、Disc Shop Zero(下北沢)03-5432-6129、FRANKZAKKA(渋谷)03-3780-1539 、Grassroots(高円寺)03-5378-0418、Los Apson?(新宿)03-3369-9616、Mangosteen Cafe(中目黒)03-5489-7211、ぴあ(P:169-277)0570-02-9966、LAWSON(L:32011) 0570-00-0403
左上〜右上 Goma, Hikaru, MC Squared, Guupei
左下〜右下 Golden Omaha, LKO, Smarf, comma516


NYからやって来たMC SQUARED(MC二乗)は野太い音圧と抜群のキレ味をもったヒューマンビートボクサー(ヴォイスだけでヒップホップのリズムを刻むパフォーマンス)。超絶技巧+エレクトロ、ハウス、ドラムンベースなど豊富なヴァリエーションの大胆なカットアップがとにかく素晴らしい。地元ではDoug E.Fresh、Blackalicious、Atomosphere、Sage Francisらと交流、2002年アポロシアターの大会で優勝、昨年から仙台の中学校の英語教師に赴任、DJ Kentaro、Gagle、ロボ宙、Afra、Goroと共演、またウルフルズの新作「ええねん」にも参加、と色んなフィールドを駆け巡って活躍中である。
スマーフ男組はライブを滅多にはやらないので、ほんとに楽しみにしている人が多いです。チラシを配りながら、すごく反響が返ってくる。ヒップホップを
ラジカルにお茶目に追求していて、非常に興味深い。
Goma da Dedgeridoo、その名のとおり日本におけるディジュリドゥーの第1人者。毎年、全国各地を回ってブレスヴァイブを響かせている。サーフィンとブレイクダンスもすごく上手い、という話を聞いた。なんかそんなタフでファンキーな感触があってイイんだな〜。
HilaとMiyaのGuupei(宮平)はセクシーディスコ&変態ラウンジモードでスピンということで、皆さんここで一気にお酒を飲みましょう。日曜日、宵の口まだまだ大丈夫です。
そして、昨年のカンマナイトで最高だったHikaruとL?K?O。あの余韻をさらに増幅させて、未知なる領域に突入してもらいたく、再度登場を願った次第です。
パーティーのオープニングはThe Golden Omahaという新人2人組。去年奥多摩のキャンプ場パーティーで遭遇しました。誰もいないひっそりとしたテントサイトで一晩中変な物音(断線、鼻息とか)を立てている奴らは一体誰なんだと気になって、ブラックライトがともるテント前で様子をみていましたら、突然ご機嫌なインダストリアル・エレクトロ・ファンクみたいなライブ演奏が出てきて、ガツ-ンとやられました。
という面子でおくるカンマナイトvol.3 、ぜひ来てね。
(04.April)


Respectra!!!
nutronが新しいレコーディングに入る。新作のタイトルは、『Respectra』となる模様。お分かりのように、各方面から大いに評判を得たファーストアルバム『Spectra』の続編です。そのコンセプトは、彼らがリスぺくトするミュージシャン達に参加してもらい人力リミックスをやってしまうということらしいのです。これまでにありそうでなかった企画であり、また、ユニークな才能を嗅ぎ分けて絶妙なブレンドをこしらえるのが得意なYoshitake EXPEらしいチャレンジで、なんとも楽しみです。

その新作制作立ち上げ会が、4月28日、先にこのNEWSで紹介しました御園ビル鶴の間で開催となります。この日のライブはnutronの2人に、KILLING TIMEのMA*TOがシンセベース、SHINOBUパーカッション、ENITOKWAがDUB MIXで参加するスペシャルアンサンブル。そのほかのラインナップもゴージャスにアンダーグラウンドパワー全開で非常に魅力的な夜になりそう。nutronファンにはもちろんのこと、何か面白い動きはないかいなという方には、噴火直前の次世代音楽シーンをかいま見る絶好のチャンスでしょう。より詳しくはwww.nuEXPE.comへどうぞ。

2004/04/28 (水)
LIVE :NUTRON RESPECTRA ENSEMBLE,BETALAND(FLOWER OF LIFE), ULU(NULO/AOA),ALTZ(RARE BREEZ),戸高一生(SLICE OF LIFE)
DJ : YOSHITAKE EXPE(NUTRON),BEAR(INTERNETSESSION)
VJ: SIMPO
<会 場> UNITED UNDERGROUND TSURUNOMA (難波千日前味園ビル1F)
<開演> 23:59〜
<入場料> 前売 ¥2,000(w1d) / 当日 ¥2,500 (w1d)
(04.Mar)

Soft West Coast Tour 2004
soft Seattle
April 9th-Satellites Film festival
April 11-Lower Level

San Francisco
April 14th-wed-Hemlock Tavern (with Monopause)
April 15th-thur-Edinburg Castle (with tba)
April 17th-sat-Luggage Store Gallery 
(with CatFive)

Los Angels
April 21st- wed- the Scene Bar
April 22nd- thur- The Smell
April 23rd- fri- 51 Buckingham
April 25th- sun- Spaceland

Softのアメリカ西海岸ライブツアーが決定。
コアメンバーの清水(g)、右近(b)、勝田(dr)に、現在キューバで修行中のイズポン(per)が参加。

現地ブッキイングのWEBサイト<http://thenowdevice.com/soft/>では、現在制作中のアルバムからの新曲が聴けます。タイトルは『G&L』。淡くきらめき、柔らかく流れ、雄大に舞う、これぞSoft!と思わず拳に力も入るいい曲です。ぜひ聴いてみてください。待望のアルバムはこの夏リリースを目標に進んでいます。
(04.Mar)

Radical Album Cover Art

昨年末、『ラジカルアルバムカバーアート サンプラー3』という本が出た。Non-Format, Trevor Jackson (Play Group), Rudy VanderLans, Alorenz, Fehler, and Designers Republicなど人気デザイナーから極小アンダーグラウンドレーベルまで、世界中のイカしたアルバムカバーを集めたもの。音楽とジャケットアートはワンセットになってひとつの作品世界、両方合わさっておもしろさも倍増します。この本は、AOADJ光光光Softのアートワークも大きく取り上げています。発売元は、UKの出版社 Intro / Laurence King Publishing limited、定価£25.00くらい、paperback。
レコードジャケットって、グラフィックの一番親しみやすい領域ではないかな。好きな音楽を聴きながら、ずっとジャケット眺めていたりするのは、優雅な楽しみだと思う。普段から手にしているものだから、いつかぼろぼろになってくるけれども、そういう美しさだからなお愛着がでてくる。最初は見知らぬ世界への入り口で、そのうち記憶を引き出す鍵になる。カバーアートはポップ時代を代表するとても興味深い表現ジャンルだ。
(04.Mar)


UNITED UNDERGROUND 鶴の間

大阪ミナミ千日前のビジネスホテル、サウナ、バー、クラブの集合ビル、ナゾのパワースポットとの噂もある味園の「鶴の間」にて、SOUND CHANNELのTAIYO氏とフラワー・オブ・ライフが3ヶ月間限りの(毎週末金・土)ニューパーティー「SUN FLOWER」を立ち上げる。
--------------------
SUN FLOWER birth plan by FLOWER OF LIFE & UNITED UNDERGROUND 鶴の間
EVERY FRIDAY & SATURDAY (3 MONTH LIMITED)
@UNITED UNDERGROUND 鶴の間
23:59 START
ADV \1500 WITH 1D \500
--------------------
★ 3/5日(金)
DJ: DONUTS/YA△MA/TAN IKEDA(LIFE&MUSIC)/KAZUMA/APOLLO/DJ heartfull a.k.a
SINKICHI/MAMEZUKA/BONG
★ 3/6日(土)
DJ: NAMATEE/Shhh(濡れ牧場) /CMT(濡れ牧場) /WOODMAN/EYE/ALTZ/LOVE
GOD/TAIYO
★ 3/12(金)
DJ: ALTZ(F.O.L)/ EYE/ YSHITAKE EXPE(NUTRON)/ BONG(F.O.L)
★ 3/13(土)
DJ: APOLLO(ELEVEN)/DONUTS(F.O.L)/CLIMB/OOSAN/MAMEZUKA(JAMS)
VJ: OOSAN
★ 3/19(金)
DJ: AKIO NAGASE/ITALU(OUTPUT)/ MASSA(ROCK A.I.)/TOMOKI(soundchannel, 026)
★ 3/20(土)
DJ: LOVEGOD(COMPUFUNK)/TAIYO(soundchannel)/TIGER
<DAI(killer)/dol-lop(soundchannel)/REV(ing)>
ヨ-グルト(upsets) / NOV a.k.a UNDERSTARS (GROOVE LIGHT RECORDINGS)
★ 3/26(金)
DJ: MIKIAKO/マスモトアツコ(MAKE DUB)/RIELAMDOLL feat MAYUKo
(FREEMAN/TERESA11/CROSSBRED)/ワカンタンカfeatYOKO
★ 3/27(土)
DJ: BONG(F.O.L)/CMT(濡れ牧場)/WOODMAN/NAMATEE(F.O.L)
--------------------
☆ ALMOST EVERY PARTY
VJ: BETALAND&SIMPO

(04.Mar)


☆NEW YEAR☆
あけましておめでとうございます。今年もオモシロイ音をお届けします。 どうぞ、お楽しみに。(04.Jan Mimura Shu)

2003newsへ
     

comma